2016
09.03

日本国内の旅行準備(ANA株主優待券の使用方法)

旅情報

 

株主優待001

ANAの株主となっていると春と秋(3月末と9月末)に株を持っている人を対象に優待をいただけます。

1,000株につき国内片道一区間50%割引になる株主優待割番号ご案内書を1枚もらえます。
2,000枚なら2枚ともらえる数は増え、4,000株以降は+2,000株ごとに1枚増えます。

(6,000株だと5枚もらえることになるので、4,000株までが一番効率の良い入手枚数となります。)
これと一緒に、ANAグループ優待券もいただけます。
ANAグループ優待券はホテルの割引や、パッケージツアーの割引などあります。
ですが私が使ったことがあるのはホテルの割引くらいです。
(IHG・ANA・ホテルグループジャパン宿泊のベストフレキシブル料金20%で泊まれます。)

2015年からスクラッチありの株主優待券となりました。
(それまでは、予約をし、登場の当日に窓口か、自動チェックイン機で回収をしていました。)
また、2016年6月1日からは繁忙期に限り、座席数に上限が設けられるようにもなりました。

今回、新しくスクラッチ入りの株主優待を使用するにあたり、その手順・方法を待てめておこうと思います。
(東京・羽田から沖縄・那覇への旅行で利用するのでその利用便を例にします。)

ANA01

私は、パソコンからANA SKY WEBを利用しています。
通常通り、日にちと経路、空席を検索します。
今回はプレミアムクラスを利用したいと思っているのでプレミアム株主優待割引を選択し、予約を完了させます。
(私は、往復ともに予約しましたが、片道ずつ予約しても大丈夫です。)

予約が完了すると、通常の購入と同じように、座席の指定・購入となります。
違ってくるのは、優待情報の登録をする点です。

ANA02

もし、購入後Webで株主優待割番号を登録するのを忘れたり、時間がなかったりした場合は、空港の自動チェックイン機で登録することもできます。

〜株主優待利用の手引きより〜
この場合は株主優待割番号ご案内書の〔3〕登録用コードのスクラッチ部分を削った状態で手続きをします。
予約検索後、登録が必要な株主優待割番号の枚数が表示されます。
スクラッチを削った〔3〕登録用コードを自動チェックイン機の読み取り部分にかざします。
これで完了です。
(※事前に株主優待番号を登録している場合は、この空港での〔3〕登録用コードでの登録は不要となります。)

購入をし、優待情報番号登録へ進みます。

ANA03

株主優待割番号と登録パスワードを入力します。
株主優待割番号は5桁、4桁、4桁の計13桁の数字です。
登録パスワードは、株主優待割番号ご案内書のスクラッチ部分を削ってそれを入力します。

ANA04

入力したら内容を確認して、登録をします。
これで完了です。(画面の指示通り進めば良いので、難しく考えずできました。)

私は、事前に登録をしておけば当日「スキップサービス」で楽なのでこの事前登録を選びました。
これからは、行き先や、どんな宿にするかを考えます。
この考えている時間もワクワクしてとても楽しい時間です。

そして、家族とも一緒に選んで、みんなが楽しい旅の計画を立てたいと思います。




スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA






スポンサーリンク