世界25ヶ国、約80ヵ所の直営リゾート「Club Med/クラブメッド」

旅情報

バカンスの先進国フランスで誕生し、半世紀を経た今では世界25カ国以上、約80ヵ所のリゾートを展開しているのがクラブメッドです。

日常を離れて、心のままに。安心・快適な”プライベート・リゾート”で、とっておきのバカンスを体験できます。

MonicaVolpin / Pixabay

その魅力は、抜群のロケーションと広大なリゾート感です。
その地域で最も美しい場所にリゾートを立てているので、どのリゾートも他にはない最高のロケーションを備えています。

日本には「石垣島カビラ」、「北海道サホロ」の2カ所にあります。

世界では、バリ(インドネシア)、プーケット(タイ)、チェラティンビーチ(マレーシア)、ビンタン(インドネシア)、モルディブ、アルビオン(モーリシャス)、カンクン(メキシコ)などおすすめのリゾートがあります。

自分だけの贅沢な時間で本物のバカンスの喜びを得るお手伝いをしてくれます。

クラブメッドでは宿泊客(ゲスト)をGM(Gentils Membres、Guest Members)と呼びます。
またスタッフのことはGO(Gentle Organizer、Guest Officers)およびGE(Gentils Employés、Guest Employees)といい、ゲストのそばで、クラブメッドならではの快適できめ細やかなおもてなし、接客をしてくれます。

世界各国から集まったG.Oの中にはもちろん日本人もいますので、滞在先での安心感も高いです。
子供は専任のG.Oに安心して預けることができ、世界各国から集まった同年代のお友達と楽しい時間を過ごせます。

また、オール・インクルーシブ」というシステムをとっている場所として知られています。

このシステムは、航空運賃や宿泊費だけでなく、滞在中の食事や飲み物(一部のアルコール以外)、アクティビティが費用に含まれていて、現地ではほとんど追加料金を支払わなくても過ごすことができます。

cattalin / Pixabay

(ただしオプションツアーなどは追加別料金がかかります。)

クラブメッド公式ホームページを参照)

日本のクラブメッドは利用したことがあるので、次は海外のクラブメッドを利用してみたいです。

ハネムーンでの利用や、ファミリーでの利用など、様々なシーンで利用できるので皆さんも機会があいましたらぜひ検討してみてください。




スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA






スポンサーリンク