iPhoneの純正充電器は海外旅行でそのまま使えるか。

旅情報

日本国内旅行であれば何の心配もせずコンセントから携帯電話(iPhone等)の充電をしています。

海外でも日本と同じ充電器を使って充電ができるか、何か必要な専用の変圧器が必要かどうか調べてみました。

まずはiPhoneの充電に限らず、使用する電化製品が「海外使用対応製品」なのか「国内使用限定製品」のどちらなのかをご確認します。

海外使用対応製品」の場合、使用可能電圧がAC100-240Vの製品は日本国内のみならず、海外でも変圧器を通すことなく使用できます。

使用可能電圧は本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄に記載されています。

ですが、製品をご使用になる地域によって、別途電源変換プラグが必要な場合もあります。

(使用可能電圧は本体の定格表示シールや説明書の製品仕様欄で確認できます。

「国内使用限定製品」の場合、電源変換プラグ、変圧器が必要です。

ではタイトルの「iPhoneの純正充電器は海外旅行でそのまま使えるか」ですが、基本的に日本で購入するiPhoneに付属しているアダプタは「Apple 5W USB電源アダプタ」です。

これは、電圧が100~240Vの範囲で、周波数が50Hzまたは60Hzで使用できるものです。

アダプタを見てみると記述も発見できます。

充電001

日常生活の中でなかなか電圧について考えませんが、日本の電圧は100V、世界で一番低い電圧です。

ちなみに海外は110V~240Vで日本より高い電圧です。

つまり、「全世界の電圧対応」です。

なのでよっぽどでない限り、iPhoneが販売されている国・地域であれば電圧は対応しています。

あとは、差込プラグが国・地域によって違うということです。

コンセントプラグの形状が日本と同じであればそのままの状態で利用できます。)

これに関しては、どこでも使えるマルチタイプの変換プラグを準備しておくことで解決できます。

安いものから高いものまでピンきりですが、故障のリスクの少ないものをぜひ見つけてみてください。

(参考)

「cheero Miracle Charger」
「世界対応マルチプラグUSB端子付き マルチ変換アダプター」

などがあります。

以上が、海外でのiPhone充電事情について調べた結果でした。

海外へ行く予定のある方は、マルチ変換プラグを持っていくことを頭の隅で覚えておくと良いかもしれません。




スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA






スポンサーリンク