2016
04.14

水のカムイ観光圏(北海道:釧路市、弟子屈町)旅行記(2)

日本国内旅行

すがすがしい、川湯温泉ホテルでの朝を迎えました。

部屋は暖房であたたかいのですが、散歩に外にでるとやはり冷やりとしました。

宿に戻り、朝の温泉に入り朝食を食べて出発です。

本日も貸し切りバスに乗り、向かった先は川湯温泉エコミュージアムセンターです。

こちらは体験することを目的とした施設とフィールドが一体となった施設で、自然を五感で体験することのできます。

施設内を見学し、その後はガイドさんによる森のガイドワークに参加しました。

本来のコースはヒグマが出没しているため、近場のコースです。

川湯の森の中はとてもすがすがしく、普段のいそがしさを忘れさせてくれました。

川湯森001

また、森の中の川は、さすが温泉の町という感じで温泉が流れていました。

川湯森002

小一時間は散策しましたがあっという間に時間は過ぎ、次の場所へ向かいます。

続いては摩周湖展望台。

旅情報でも書かせていただきましたが、「霧の摩周湖」です。

摩周湖001

この日は、その霧はなく一面見渡すことができ、その雄大な景色をたっぷり楽しませていただきました。

昼食は移動し、JR摩周駅のとなり「ぽっぽ亭」でいただきます。

なんでも、全国駅弁大会2位の「摩周の豚丼」なるものがあるらしく、そちらを注文し頂きました。

うまいです!

大満足の中、次の移動先は「阿寒湖アイヌシアターイコロ」です。

イコロ001

こちらはマリモで有名な阿寒湖のほとりにある施設で、アイヌ古式舞踊をはじめとする舞踊や形劇・イオマンテのまつりを上演するとともに、アイヌ活記念館などがあり、昔からのアイヌの活や化を学ぶことができる施設です。

阿寒湖001

そして、くたくたになるまで一日を楽しんで、釧路へ移動し、本日の宿の釧路プリンスホテルへチェックインし、今日1日が終わりました。

・・・続く。




スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA






スポンサーリンク